■ホール・講堂・体育館などの安全拡声利得の測定は、ADOにお任せください■
音響測定・調査
Acoustic Measurment

安全拡声利得の測定

音響測定

ADOでは、安全拡声利得・音圧分布測定・伝送周波数特性・明瞭度などの電気音響測定から、残響時間・エコータイムパターンなどの建築音響測定・調査まで、迅速、信頼性があるデータ処理で対応いたします。また、ADOでは、測定のみならず対策などが必要となる場合も、迅速、適確なアドバイス、コンサルタント、吸音・防音の設計・施工へとお客様のニーズにあったフォローをさせて頂きます。



安全拡声利得の測定は、ADOで.............
明瞭度測定 詳細
伝送周波数特性測定 詳細
音圧分布測定 詳細
残響時間測定 詳細
床衝撃音測定 詳細
騒音測定 詳細
遮音測定 詳細

安全拡声利得の測定方法

ハウリングが起こらない安全な状態での音響設備の動作領域を指標で表現したものをいいます。音響設備を通常マイクを使用する状態にします。ハウリングの臨界点まで音響調整卓のゲインを上げた後、可変抵抗器で6dB下げます。(ハウリングの臨界点より6dB下がった状態を安全な拡声状態と定義しています。)音源装置からピンクノイズを再生し、被測定マイクロホンの位置で80dBの音圧レベル(LM)になるように擬似音源スピーカのアンプのゲインを調整します。その状態で、拡声対象エリアの音圧(LA)を測定します。




音響測定 音響設計ADO
安全拡声利得測定のお問合せは、
遮音性能測定 お問合せEmail
遮音性能測定 お問合せ先tel
建設業許可 東京都知事 許可(般-22)第134479号
一級建築士事務所 東京都知事登録 第56500号
Copyright (C) 2009 Acoustic Design Office Co.,Ltd. All Rights Reserved